子供の風邪で気をつけることは?

post on 9月 10th, 2014
Posted in 風に関するFAQ

Question

子供の風邪はどのようなところが大人とは違うのでしょうか。

また、何に気をつければいいのでしょうか。

Answer

子供は大人と比べて、体の各機能が未熟で、抵抗力が弱いため、風邪などの感染症にかかりやすいです。

子供

また、大人よりも体の水分割合が高いので、高熱が続くと脱水症状を起こしやすいです。

そのため、こまめな水分補給を心がけましょう。

解説

子供の風邪の特徴

子供は体の機能が未発達で、抵抗力が弱いため、風邪などの感染症にかかりやすい状態にあります。

風邪にかかった後も高熱や下痢など、強い全身症状が出て、重症化しやすいのが特徴です。

特に生後6か月頃~3歳くらいはもっとも抵抗力が弱く、8~10歳くらいまでには注意が必要です。

また、子供は体温を調節する自律神経の働きも未完成なために、急に高熱を出すこともあります。

注意すること

子供の場合、急激な症状の変化が起こることがあります。

できるだけ目を離さないことに注意しましょう。

大人よりも体の水分量が高いので、高熱が続くと脱水症状を起こしやすくなります。

熱が出たときはこまめに水分補給をしましょう。

高熱が出たときに、ひきつけを起こすことがあります。

慌てず、さわがず、衣服を緩め、顔を横向きにして寝かせ、できるだけ早く病院を受診してください。