Category Archive:風に関するFAQ

飼い主からペットに風邪はうつるか?

webassist post on 9月 10th, 2014
Posted in 風に関するFAQ

Question

飼い主からペット(犬・猫)に風邪はうつりますか。

Answer

うつりません。

人間から犬や猫に感染する最近やウイルスはほとんどありません。

犬同士、猫同士の感染に気をつければいいだけです。

解説

犬や猫の風邪のような症状をしめす感染症

犬の場合は、ケンネルコフ(伝染性気管支炎)です。

猫の場合は、猫風邪(上部気道感染症=猫カリシウイルス、猫鼻気管炎、クラミジア・フェリス)です。

どちらもウイルスや細菌によるもので、抵抗力や体力のない子犬や子猫に多い病気です。

子猫子犬

一度感染すると回復してもウイルスが体内に潜伏するため、体調が悪かったり、免疫力が落ちてきたりすると再発することがあります。

できるだけ早急に適切な治療をすることが重要です。

犬の症状

咳や発熱などの症状が主です。

ひどいときには食欲や元気がなくなります。

病気の犬

高熱や膿のような鼻汁を出すことや、肺炎を起こして死ぬ場合もあります。

猫の症状

くしゃみ、鼻水、発熱など典型的な風邪の症状に加え、目やに、涙、口内炎などを起こすこともあります。猫の口内炎

野良猫で目やにが多いのは、猫風邪に感染していることが疑われます。

「風邪はうつすと治る」は本当?

webassist post on 9月 10th, 2014
Posted in 風に関するFAQ

Question

「風邪はうつすと治る」というのは迷信でしょうか。

Answer

迷信です。
まったく医学的根拠がありません。

解説

迷信の起源

うつした人が快方に向かう頃に、うつされた人が発病することから、この迷信がうまれたようです。

風邪はウイルスが鼻やのど、気管などの粘膜にとりついて増殖することで、鼻水、咳、発熱などの症状が出るものです。

感染してから症状が出るまでに1~3日の潜伏期間があるので、その間は風邪にかかった本人にも自覚症状がありません。

また、風邪はインフルエンザとは違って発病しても数日で治ってしまいます。

風邪のうつり方

接触感染

手を介して口や鼻などの粘膜から感染します。

風邪のウイルスがついている机などに手を触れた後で、手で口や鼻などを触って体内にウイルスが侵入します。

接触感染を防ぐためには、外出先から戻った時や大勢の人が触ったものに触れた後、手洗いを徹底することです。

飛まつ感染

咳やくしゃみで飛び散ったたんや唾液のしぶきに含まれているウイルスを、ほかの人が口や鼻から吸い込んで感染します。

咳でウイルスが飛び散る範囲は約1メートルです。

飛まつ感染を防ぐためには、風邪の患者には不用意に近づかないことです。

また、患者が咳やくしゃみをしたときには、手洗い、うがいをすることを心がけましょう。

民間療法は効果があるのか?

webassist post on 9月 10th, 2014
Posted in 風に関するFAQ

Question

風邪についての民間療法は効果があるのでしょうか。

Answer

はい。

ただし、症状が悪化した時やなかなか風邪が治らないときは、早めに医師の診察を受けましょう。

解説

民間療法が有効な理由

風邪の民間療法は長い間の経験によって確立されたものです。

生活の知恵です。

例えば、玉子酒やショウガ湯が、日本では古くから風邪に効果があるとされてきました。

玉子酒

玉子酒では、卵でタンパク質を補給し、日本酒で体を温めて眠りを誘う効果があります。

生姜湯は、中国で古くから、体を温め、頭痛、鼻づまり、咳、たんを取り除く効果があるとされています。

注意点

玉子酒やショウガ湯以外にも、民間療法を利用する際には、あくまでも補助的な風邪の改善法として利用するようにしましょう。

風邪の引き始めの初期症状を緩和するのに、民間療法は効果があります。

症状が進んだり、民間療法を続けても症状が緩和しないなどの場合などには、病院の診察を受けましょう。

彼氏にどのような看病をすればいいのか?

webassist post on 9月 10th, 2014
Posted in 風に関するFAQ

Question

彼氏が風邪で寝込んだ場合、どのようなことに気を付けて看病したらいいでしょうか。

Answer

彼氏が本当に求めていることをすることが大切です。

安心して風邪を治せるような環境を整えましょう。

解説

体調を崩した彼を看病し、自分の好感度を上げたいかもしれません。

しかし、思いやりを見せようと行動したことが逆に好感度を下げてしまうことにもなりかねません。

注意1:相手の求めを聞く

自分がどうしたいのかを優先するのではなく、相手がどうしてほしいのかをちゃんと聞き取りましょう。

世話を焼きすぎては、有難迷惑ととらえられてしまうかもしれません。

相手がどのような状態なのか、どのような症状に苦しんでいるのか、注意深く観察して、必要な手助けをしましょう。

注意2:安心感を与える

男性は女性よりも自身の体調不良に対して、大きな精神的ダメージを受けます。

女性は、毎月整理が来て、頭痛、生理痛に悩まされることになれているから、風邪を引いたとしても、それほどの大きなダメージは受けません。

会社に迷惑をかけること、自己管理ができていないことで呆然となっている男性に、まずはきちんと風邪を治すことに集中してもらえるように、適切な言葉をかけましょう。

注意3:休養させる

彼氏が風邪を引いていて、日常のことがままなっていないと気づいたら洗濯や掃除をするかもしれません。

しかし、風邪の治療にとって大切なのは、食事や衛生面だけでなく、何よりも休養です。

寝ているときに、横で洗濯機や掃除の騒音が響いていたら、ゆっくり休むことができません。

看病は相手の状況を気遣い、状況によっては長居をしないようにしましょう。

風邪に対しての適温適湿とは?

webassist post on 9月 10th, 2014
Posted in 風に関するFAQ

Question

風邪のウイルスに対して、適温適湿が重要だと聞きました。

具体的な気温・湿度はどのようなものでしょうか。

Answer

適切な温度は20度程度、湿度40%以上が適切です。

解説

風邪のウイルスの特徴

風邪症候群の原因は80~90%がウイルスの感染です。

ウイルスとは生きた細胞なのかだけで増殖する特徴のある微生物のことです。

風邪のウイルスは200種類以上あるといわれていますが、多くは冬場の低温乾燥の環境で、動きが活発になります。

風邪を引いた状態だと、1回の咳で10万個、くしゃみで100万個のウイルスが空気中にばらまかれてしまいます。

湿度の高い状況では、すぐに地面に落下します。

空気中にウイルスが飛散しない工夫を

空気が乾燥していると感じた場合には、加湿器などを利用して適温適切を維持するようにしましょう。

湿度が40%以下になると、ウイルスの水分が蒸発して軽くなるため、落下速度は緩やかになります。

落下速度が下がると、約30分間、ウイルスが空気中を漂うことになります。

空気中に漂ったウイルスは人が呼吸するときに、鼻やのどから感染します。

空気中を浮遊数ウイルスが衣服や手などに付着し、再び空気中を漂って、吸い込まれる場合があります。

部屋の空気が乾燥し、温度が低くなりすぎないようにエアコンや加湿器を有効に活用しましょう。加湿器

看病に最適な献立は?

webassist post on 9月 10th, 2014
Posted in 風に関するFAQ

Question

風邪を引いた人の看病に際して、最適な献立は何でしょうか。

Answer

煮込みうどん、おじや、梅干し汁などがいいでしょう。

解説

風邪を早く治すために、風邪薬を服用することが欠かせません。

しかし、薬の服用はたいてい食後がいいとされています。

そんな時に、風邪の症状を緩和するために、療養中の食事にも気を使いましょう。

高カロリー・高タンパク、消化が良く、ビタミンCが豊富なものが最適です。

食欲を刺激し、発汗を促すものがよりいいです。

煮込みうどん

煮込みうどん

肉や野菜、シイタケ、卵、かまぼこ、海老天などの具をたっぷりといれて、少し硬めにゆでたうどんの麺と一緒に煮込みます。

味噌仕立て、しょうゆ味、どちらでも一人前を土鍋で煮込んで、好みでゆずの葉を刻めば食欲がない場合にもおいしく食べられるのではないでしょうか。

おじや

おじや

ご飯と出汁でおかゆを作り、卵、牡蠣、かまぼこの細切り、三つ葉などを加えます。

一般的なおかゆにひと手間を加えることによって、栄養価を高めた食事で治療のサポートをしましょう。

梅干し汁

梅干しを焼いて、それにネギやにんにく、ニラが入った熱いみそ汁を注ぎます。

医者が要らなくなるぐらいに滋養に良いとされる食べ物です。

夏風邪と通常の風邪の違いは?

webassist post on 9月 10th, 2014
Posted in 風に関するFAQ

Question

夏風邪と通常の風邪とはどのように違うのでしょうか。

Answer

夏風邪には、冬の風邪に見られるような鼻水や咳はあまり見られません。

むしろ高熱やのどの痛みや発疹をともないことが多いのが特徴です。

解説

夏風邪とは

梅雨明けのころ、気温がぐんぐん高くなるのに伴って、夏風邪が流行します。

夏風邪では冬の風邪によく見られる鼻水や咳はあまり見られません。

むしろ、高熱やのどの痛みや発疹を伴うことが多く、症状が長引きやすいのが特徴です。

夏風邪の多くはウイルス性で、脳神経系に入り込む性質もあるため、流行期にはウイルス性髄膜炎や脳炎になる可能性もあります。

冬に多く発生する風邪とは、違う特徴があるのです。エアコン

特徴的な症状

ヘルパンギーナ

エンテロウイルスが原因の病気で、急に39度前後の高熱が出ます。

のどの痛みが特徴的です。

乳幼児が夏風邪にかかると、飲み込むときにも痛むため、唾液を飲み込むことも嫌がるため、涎を垂らして口に指を入れ、不機嫌になります。

手足口病

手のひら、足の裏、足の背、ひざや臀部に赤い細かい発疹や水泡を持った発疹が出現します。手足口病

また、口の中、頬の粘膜や歯茎にも発疹ができ、痛みを伴います。

熱は出ることも、出ないこともあります。

時折、下痢を伴わない嘔吐、頭痛、乳児では髄膜炎を合併することがあるため注意が必要です。

「馬鹿はぜひかない」は本当?

webassist post on 9月 10th, 2014
Posted in 風に関するFAQ

Question

「馬鹿は風邪をひかない」というのは本当でしょうか。

Answer

風邪を引くのは頭の悪さとは関係ない、という意味で本当とは言えないのではないでしょうか。

もともとは慣用句でしたが、医学的根拠のあることが次第に分かってきています。

解説

慣用句の意味

  • 愚鈍なものは、風邪を引いたことにも気づかない
  • 馬鹿はそれだけ鈍感だということ

医学的根拠

ストレスは確実に免疫機能を低下させます。

仕事が多忙な時期にかぎって風邪を引きがちなのは、心身にストレスが蓄積しているためです。

馬鹿=ストレスを感じない、というわけではありませんが、少なくとも、あまり物事に頓着しない人がストレスを蓄積しにくいのは、事実です。

過剰にストレスがかかった時、体のビタミンCやカルシウムを大量に消費します。
ビタミンCやカルシウムが免疫力を維持するのには欠かせません。

ですからストレスをあまり受けにくいような人、悩まないような楽天的な人は、風邪にかかりにくいのです。

風邪が長引くのはどうして?

webassist post on 9月 10th, 2014
Posted in 風に関するFAQ

Question

風邪が長引く人と、そうでない人がいるけど、どこが違うのでしょうか。

Answer

その人の持つウイルスの感染に対する抵抗力の強さによって異なります。

解説

抵抗力の強さは年齢にもよりますが、基礎体力があるかどうかが深く関係します。

抵抗力が落ちる病気にかかっている場合や、副腎皮質ホルモン、抗がん剤などの薬の副作用として抵抗力が落ちることもあります。

その他、同じ人でも抵抗力を弱める原因があります。

  • ストレスが溜まっている
  • 過度な緊張から解放されて油断している
  • 仕事のし過ぎ
  • 睡眠不足
  • 栄養に偏りがある
  • 寒さで体が冷えている
  • 基礎体力を上げるためには

    心肺機能を鍛えておく

    基礎体力を上げるために、まずは心肺機能を鍛えておくということが大切です。

    体を動かす食べにすぐに息切れがしてしまうような状態だと、日々の生活に支障をきたすとともに、健康的な身体を手に入れることが難しくなります。

    ちょっとやそっとでは息切れしない体にしておくのです。

    心肺機能を強化するためには、ジョギングが最適です。

    適度な負担を体にかけることができるし、今の体力に合わせて運動できるので徐々に身体を強化することができます。

    筋肉量を増やす

    基礎体力を上げるためには筋肉量を増やすことも大切なポイントです。

    筋肉量が少ない状態だと、体を動かしたときにすぐに筋肉に疲労がたまってしまいます。

    筋肉がつかれると、体全体がだるくなってしまうので、しっかりと筋肉をつけて丈夫な身体にしておく必要があります。

    そのために、ある程度の筋力トレーニングが必要です。

    筋力トレーニング

    徐々に筋肉を強くしていけば、それによって基礎体力のアップにもつながります。

    あまり症状がないけど、風邪でしょうか?

    webassist post on 9月 10th, 2014
    Posted in 風に関するFAQ

    Question

    あまり症状が出ていないけれど、風邪かもしれないと思います。

    そういったときにはどのように過ごしたらいいのでしょうか。

    Answer

    風邪のウイルスが体内に入ってから増殖、症状を表すようになるまでには数日間がかかります。

    そのため、風邪が本格化しないうちにセルフケアで治しましょう。

    解説

    セルフケアの方法

    うがい、手洗い

    初期なら、のどに入ったウイルスをうがいで洗い流すことができます。

    手洗いは、手についた新たなウイルスを体内に入らせないようにすることができます。

    十分な睡眠時間

    睡眠時間が短く、寝不足の状態が続くと、体の抵抗力が低くなります。

    通常よりも、風邪などのウイルスに感染するリスクが高まるのです。

    食事に気をつける

    消化が良く、高カロリー・高タンパクの食品を摂りましょう。

    食事によって風邪に負けない体力をつけるようにしましょう。

    部屋を換気

    ほこりやたばこの煙を排除しましょう。

    ほこりやたばこの煙に付着したウイルスが体内に入ることを防ぐためです。

    汗をよくふき取る

    汗をかいたら汗を拭き、衣服を着替えましょう。

    汗をぬぐわずにそのままにしておくと、体温がどんどん奪われていきます。

    体温が低くなると、感染するリスクが高くなるので、こまめに衣服を変えるようにしましょう。

    早めに風邪薬

    風邪かもしれない、と思ったときには、数日間のうちに症状が進む前に風邪薬で治しましょう。

    市販の総合かぜ薬がお勧めです。

    マスクを活用

    マスクの効果として、吐く息の水分がマスク内にこもることで、のどや鼻の中の粘膜を潤すことができます。

    また、冷たい空気の刺激を和らげることができ、ウイルスが好む低湿低温の環境を防ぐことができます。

    高齢者の風邪で気をつけることは?

    webassist post on 9月 10th, 2014
    Posted in 風に関するFAQ

    Question

    高齢者の風邪は普通の風邪とは違うのでしょうか。

    また、どのようなことに注意すればいいでしょうか。

    Answer

    高齢者は老化現象で抵抗力が弱まっているために、風邪にかかりやすく重症化しやすいのが特徴です。

    合併症を起こす確率も高いため、持病がある場合には特に注意が必要です。

    高齢者

    解説

    高齢者の風邪リスク

    健康な成人に比べ、高齢者は風邪にかかりやすく重症化しやすいのが特徴です。

    ウイルスに感染するリスクは、健康な成人の1.5~2倍あるといわれています。

    風邪だけでなく、インフルエンザで高齢者がしに至るケースが少なくないのは、このためです。

    症状

    高齢者の風邪は外見的に現れる症状が少ないことが特徴です。

    病状がわからないうちに静かに進行することが多いのです。

    例えば、風邪が悪化して肺炎を起こしていても、熱が出ていないために周囲が気付かずに、急に呼吸困難などの重い症状を起こすケースがあります。

    そのため、周囲の人は高齢者が風邪を引いたら、常に症状の変化に注意することが大切です。

    子供の風邪で気をつけることは?

    webassist post on 9月 10th, 2014
    Posted in 風に関するFAQ

    Question

    子供の風邪はどのようなところが大人とは違うのでしょうか。

    また、何に気をつければいいのでしょうか。

    Answer

    子供は大人と比べて、体の各機能が未熟で、抵抗力が弱いため、風邪などの感染症にかかりやすいです。

    子供

    また、大人よりも体の水分割合が高いので、高熱が続くと脱水症状を起こしやすいです。

    そのため、こまめな水分補給を心がけましょう。

    解説

    子供の風邪の特徴

    子供は体の機能が未発達で、抵抗力が弱いため、風邪などの感染症にかかりやすい状態にあります。

    風邪にかかった後も高熱や下痢など、強い全身症状が出て、重症化しやすいのが特徴です。

    特に生後6か月頃~3歳くらいはもっとも抵抗力が弱く、8~10歳くらいまでには注意が必要です。

    また、子供は体温を調節する自律神経の働きも未完成なために、急に高熱を出すこともあります。

    注意すること

    子供の場合、急激な症状の変化が起こることがあります。

    できるだけ目を離さないことに注意しましょう。

    大人よりも体の水分量が高いので、高熱が続くと脱水症状を起こしやすくなります。

    熱が出たときはこまめに水分補給をしましょう。

    高熱が出たときに、ひきつけを起こすことがあります。

    慌てず、さわがず、衣服を緩め、顔を横向きにして寝かせ、できるだけ早く病院を受診してください。